ホーム » 白髪染めのこと » 重症化の恐れもある白髪染めアレルギーとは

重症化の恐れもある白髪染めアレルギーとは

 
白髪染めしたことない人はわからんけど、強力な白髪染め(ヘアカラー:永久染毛剤)を使うと頭皮が痛なったり、赤く腫れ上がったりすることがあんねん。

これは白髪染めが体に合わなかったことで起きるアレルギー反応やねん。

白髪染めのアレルギー反応は、重症化すると死に至る危険もはらんでいるんやで。

このページでは、この恐ろしい白髪染めアレルギーについて勉強していくで!

 

 

アレルギーは突然襲ってくる

そもそもアレルギーって何なのか知ってる?

体には、危険とされる異物(敵)を排除するための防御システムが働いているんや。

これは生きていく上で不可欠なもんやねん。

ないとウイルスや病原菌をやっつけることができひんからな。

 

 

でも、この防御システム、、たまに誤作動を起こしてしまうんや。

ちょっとアホの子やねん。

異物に対して必要以上に働いてしまって、体に不利益な反応を出してしまうんや。

 

 

たとえば、かぶれ、湿疹などが代表的なアレルギー反応や。

花粉症やったら鼻水、目のかゆみなんかやな。

この人に対して不利益に働く反応をアレルギーって言うんやな。

 

 

同じように、白髪染めも、中に使われている成分に対して過剰に反応してしまうことがあるんやな。

これが白髪染めアレルギーや。

 

 

このアレルギーを引き起こしてしまう成分が「ジアミン」やねん。

白髪染めアレルギーは「ジアミンアレルギー」とも言われてるで。

 

 

ジアミンはドラッグストアなんかで売られてる、ヘアカラータイプ(2剤式)の白髪染めにはほぼ使用されてんねん。まあこのジアミンのおかげでよう染まるんやけどな。

 

 

せやからジアミンを異物とみなされた人は、場合によっては重度のアレルギー反応がでることがあるんやな。

じゃあそのアレルギー反応がどんなふうにでるのか、以下の写真を確認してな。

 

(出典:http://www.nhs.uk/Conditions/hair-dye-allergy/Pages/Introduction.aspx)

 

比較的エグくない画像を引用させてもらってんねんけど、赤くかぶれてしまったり、顔が腫れ上がってしまったりすんねんな。悪くすると失明の恐れもあるで。

 

 

中には目を背けたくなるようなひどい症状の人もいて、ジアミンアレルギーの恐ろしさを再確認したわ。

 

 

まれに強烈なショック症状(アナフィラキシーショック)を引き起こし、意識障害、呼吸困難。そこから死に至る場合もあるんやで。

 

 

スズメバチのアナフィラキシーショックは有名やな。

過去に一度でも刺されたことがあると、体に抗体ができるんや。

 

 

抗体ができた状態で再度刺されると、抗体が体内に侵入してきた毒をやっつけようとするねん。

 

 

その毒をやっつけようとする働きが人間にとって悪く作用し、最悪死に至るっちゅうやつや。

 

 

同じように、アレルギー反応が出ても繰り返し白髪染めを使っていると、上記のような激しいショック症状に襲われてしまうんやな。

 

 

さらに、このジアミンアレルギーはいつでるのかわからんところが怖いとこなんや。

これまで問題なかった白髪染めでも、あるときからアレルギーがでることがあるんやな。

 

 

これは花粉症を想像してもらえるとわかりやすいで。

 

 

それまで花粉症とは無縁の人でも、「今年から花粉症になったかも…」って人、周りにもいるんちゃう?

 

 

ある瞬間から、本来は無害の花粉を敵としてみなしてしまったから花粉症になんねん。

怖いやろ~。

 

 

じゃあこのジアミンアレルギーを避けるためには何をしたらいいやろ?

 

 

やられる前に確認が鉄則

ジアミンアレルギーを避けるためには、事前にパッチテストをする必要があんねん。

 

 

パッチテストっていうのは、使う白髪染めに、体に合わん成分が含まれてないか確認することや。

特に濃い色の白髪染めにはジアミンの含有量が多い傾向にあるからな。

真っ黒、焦げ茶で染めようとしてる人は必須やで!

 

 

アレルギー体質じゃない人もやってや。

なぜなら、「刺激性接触皮膚炎」を引き起こす可能性があるからや。

 

 

もともと皮膚が弱かったり、病気などで免疫力が下がっていたりすると、白髪染めの成分でかゆみや痛みなんかの症状がでることがあるで。

アレルギーは関係ないんや。

せやからはじめての場合は必ずパッチテストしてほしいねん。

 

 

パッチテストそのものはいたって簡単や。

ただ、アレルギー反応を確認するために48時間前から準備せなあかんのが面倒なところや。

 

 

ジアミンが入ってない白髪染めを使うときもテストしてや。

他の成分でもアレルギー反応がでる可能性はあるからな。

要は体が拒絶反応を起こすかどうかを見んといかんねん。

やり方は以下の通りや。

 

 

用意するもの

  • 白髪染め液
  • 綿棒
  • ティッシュ
  • 小皿(使い捨てできるものが良い)

 

 

手順1 テスト液を作る

ヘアカラータイプは、小皿を用意して1剤と2剤を混ぜ合わせてテスト液を作る。

トリートメント、マニキュアタイプならそのまま小皿に載せる。

 

 

手順2 塗る

できたテスト液を綿棒を使って、腕の内側に10円玉の大きさほど塗る。

 

 

手順3 経過を見る

乾かしてそのまま48時間経過を見る。

こんな感じや。な、簡単やろ?

 

 

48時間も経過を見るのは、ジアミンが「遅延型アレルギー反応」を引き起こす可能性があるからなんや。

ジアミンアレルギーは48時間後に最大反応がでると言われてて、ここさえ過ぎれば一安心、というわけやねん。

 

 

要は時間が経ってから重大なアレルギー反応が出ないかを確認する必要がある、ってことや。

面倒やけど、上の写真のようにならんためにも、必要な手間と考えた方がいいで。

 

 

ちなみにこのパッチテストは毎回やるのが理想やねん。

先述のとおり、アレルギーはいつ発症するのかわからないから、ってのがその理由や。

今回は大丈夫でも、次回はわからんで。

 

 

アレルギーが出たときの正しい対応

何らかの異常が見られた場合は、すぐに洗い流してな

そして必ず皮膚科を受診せなあかんで。

少々の腫れやかゆみなら放置してしまいがちやけど、遅延型アレルギー反応がでるかもしれん。

 

 

それに人によっては違う成分に反応しているかもしれんしな。

これを皮膚科で調べてもらわないかんねん。

油断せんと、一度診察知することをすすめるで。

 

 

そして、一度でもアレルギーが出た白髪染めは二度と使たらあかんで!

ジアミンアレルギーは一生続くと言われているんや。

間違って使った場合はさらにひどい症状になることがあるんやで!

 

 

ジアミンアレルギーでも使える白髪染め

といっても、白髪はどうにかして染めないかんわな。

その場合はジアミンが使われていない白髪染めを使う必要がでてくんねん。

 

 

ジアミンが入ってない白髪染めは、

 

    • ヘアマニキュア・・・一度でよく染まる、色持ちは2~3週間
    • ヘアカラートリートメント・・・徐々に染める、髪を健康にする、色持ちは1~2週間
    • ヘナ・・・天然成分、異常に手間がかかる、オレンジに染まる
    • お歯黒式毛染め・・・温泉臭い、青黒く染まる、色持ちは1ヶ月程度

このあたりかな。

手間を考えると、ヘアマニキュアかヘアカラートリートメントのどちらかがおすすめや。

 

 

注意:いかにも無添加っぽい、「香草カラー」「ハーブカラー」ってのもあるけど、1割程度ジアミンが入ってるで。含有量が少ないと言っても、一度アレルギーが出た人は避けたほうがいいな。

 

 

まとめ

白髪染めアレルギーの怖さを理解してもらえたやろか?

2剤式のヘアカラーを使うときは特に注意してほしいんや。

パッチテストが重要なのもわかってもらえたんちゃうかな。

 

 

ただ、パッチテストは知ってるけど、実際にはやったことがない人が68%なんやて!

いうても面倒なのは確かやねん。

白が染めるのになんで2日前から準備せなあかんねん!って思うわな。

 

 

でも、それで重大なアレルギー反応がでたらそれこそ大変や!

せやからここを読んでくれた人は、これからはパッチテストを習慣づけてほしいな


 

この記事に関連する記事一覧

白髪染め総合ランキング
おすすめの白髪染め
通販の白髪染め
市販の白髪染め
白髪のこと
白髪染めのこと
猿のつぶやき
当サイトについて