ホーム » 白髪のこと » 白髪が生えてくる原因と正しい予防方法

白髪が生えてくる原因と正しい予防方法

 
はじめて白髪を見つけたときはえらいショック受けたわ。みんなもそうやない?

それと同時にある疑問が浮かんだはずやねん。「白髪ってなんで生えんねん?」ってな。

そこでこのページでは白髪になる原因を話していくで!

原因がわかれば効果的な対策ができるしな。

じゃあ白髪が生えてくる原因と、白髪を増やさないためにできること確認してや!

 

 

やつらが生えてくる原因

 

白髪になるメカニズムはめっちゃ簡単な理屈なんや。

頭皮から出てくる前の髪、つまり髪の赤ちゃんは透明なんや。

透明なんやけど、髪の内部で光が乱反射して白く見えんねん。

せやから最初はみんな白髪やねん。

 

 

その白い髪の赤ちゃんがメラニンを吸収することで、黒く染まって頭皮から出てくる、ってわけやな。

 

 

メラニンは聞いたことあるんちゃう?

日焼けして肌が黒くなる原因物質やな。

髪の赤ちゃんはそのメラニンを大量に吸収することで黒髪に変身してるわけや。

これが正常な髪の発育やな。

 

 

ところがな、このメラニンを製造している「メラノサイト」って細胞があんねんけど、このメラノサイトが「何らかの原因」で機能が低下してしまうことがあるんや。メラニンをうまく生成できんくなるわけやな。

 

 

そうなると、髪の赤ちゃんが本来もらえるべきメラニンがないわけやから、そのままの白い姿で生えてきてしまうねん。

 

 

要は、正常な発育ができなかった髪が白髪として出てくるわけやな。な、めっちゃ簡単な理屈やろ。

 

 

ん~、、「何らかの原因」って表現が曖昧すぎるから、ここでは「ミスターX」と呼ぶことにするな。イメージとしては、、、そうやな、、「覆面サングラスのおっさん」のイメージやな。

 

 

でな、こっからが重要やねん!

じゃあ、「ミスターXの正体」をつきとめて、うまいことメラニンの生成を促してやれば白髪問題は解決するはずやな?

 

 

そう思って、世界中の偉い学者さんがミスターXの正体について研究しよるんやけど、「これや!」っていう明確な答えをだすことができてないんや。

 

 

つまり、ミスターXの正体は今だに謎のままやねん。

この正体を突き止めたらノーベル賞もんらしいで。

 

 

でもいくつか「たぶんこれやろ?」って考えられている要因もあんねん。

ちょっとこれについて下で紹介してみるな。

 

 

ミスターXの正体に迫る!

最近の研究で白髪の原因とされているのが、

 

    • 生活習慣
    • ストレス
    • 老化
    • 遺伝
    • 病気

の5つやねん。それぞれ詳しく解説していくな。

 

 

生活習慣

上で説明したとおり、メラノサイトの機能が低下することで白髪ができることがわかった。

この機能低下の原因のひとつが、「生活習慣」や。

 

 

生活習慣ってのは、「寝不足」「栄養不足」「運動不足」「喫煙」「疲労」などの悪い生活習慣のことやな。

 

 

人間が活発に働くためには十分な栄養と睡眠が必要やな。

適度な運動をして、よう食べて、よう寝て、次の日に疲れを残さんようにしたらバリバリ働けるはずや。

 

 

細胞(メラノサイト)も同じやねん。

栄養がないと働きたくても腹減って働かれへん。

十分な睡眠ができてないとメラノサイトもねむーて休んでしまうねん。

 

 

せやから「十分な睡眠」「バランのよい食事」「適度な運動」「規則正しいサイクル」などの良い習慣を取り入れることが大切なんやな。

 


睡眠や運動は忙しいサラリーマンには難しい場合もあるかもしれん。

でも、バランスのよい食事は心がけ一つで改善できることや。

 

 

白髪をこれ以上増やさんためにもちょっと見直してもいいかもしれんな。

ちなみに、白髪を改善させるには次のものを多く摂るようにしたらええで。

 

 

白髪改善につながる食べ物
メラニンの元である「チロシン」を含む食べ物

チーズ、大豆、かつお節、ごま

 

メラノサイトを活発にする「ヨード」を含む食べ物

昆布・わかめなどの海藻類

鯖・カツオなどの魚介類

 

髪の原料である「タンパク質」を含む食べ物

牛肉、豚肉、鶏肉などの動物性タンパク質

米、豆類などの植物性タンパク質

 

体の調子を整える「ビタミンB群」を多く含む食べ物

牡蠣、しじみ、赤貝、レバー、岩のり、チーズ、プルーン

 

こんな感じやな。わかりやすくザッとまとめてみたで。

ただこれらのものを大量に摂取したからといって改善するわけではないで。

必要な栄養素を日々バランス良く摂ることで白髪の進行を遅らせることができる、ってわけやな。

 

 関連記事   白髪予防の真髄は内臓の健康にあった!

 

 

ストレス

次に「ストレス」や。ストレスは現代人には切っても切り離せん厄介なやつやな。

「ストレスでハゲる」「ストレスで一気に白髪が増えた」なんて話を聞いたことある人も多いと思う。

 

 

ストレスで白髪になるのは、体の調子が狂ってしまうからやねん。

人間には「自律神経」っちゅう勝手に健康を維持してくれてる大切な神経があるんや。

 

 

こいつがすごいやつで、自動的に体中に血をめぐらしたり、暑かったら汗をかいたりしてくれるありがたい存在でな。こいつのおかげでワイらは健康に生きていけるわけなんやな。

 

 

でもな、この自律神経はストレスに弱いねん。

例えば、仕事で辛いことがあったり、人間関係でへこんだりすると、この自律神経が正常に働かなくなるんや。ヘタレやすいねんな。

 

 

そうなると、これまで体の隅々まで栄養を運んでいた機能が低下してしまうってわけや。

要は、髪に必要な栄養が届かんようになるんや。

 

 

その結果として、「ハゲる」「白髪になる」ってわけなんやな。

裏を返せば、このストレスさえなくなってしまえば、白髪が黒髪にもどることも十分に期待できるんやで。

 

 

コレについてはかなり信憑性の高い話があるで。ちょっと聞いてや。ワイがお世話になっとった床屋のおっさんから聞いた話や。

 

 
20年以上通ってくれてる60歳の上得意さんが定年退職したらしんやけど、退職した途端、髪に色が戻ってきたで。

その人は中学校の先生をしてた人なんやけど、長年8割くらい白髪やってん。

「やっぱり学校の先生って大変なんやな」って思うてたわ。

それが退職して、ものの3ヶ月で3割くらい黒髪が戻ってきたんやで。

教師のストレスは半端ないんやろな。

60歳過ぎてここまで黒髪に戻るのは珍しいから、めっちゃおどろいたで。

 

 

まだあるで。

 

 
あとな~、18歳の男の子も白髪なくなったで。

いうても、ちらほら程度の白髪やったけど。

受験で苦しんでてな、とにかくプレッシャーがすごかったんやろな。

合格とともにみるみるなくなっていったわ。喜んでたで。

 

おっさんは「こんな話いくらでもある」っていいよったで。

ストレスによる白髪の増加、ストレスがなくなることによる改善は絶対あると思うわ。事実がそう証明してるしな。

 

 

とはいえ、男ならストレスから逃げられん状況にあることのほうが多いよな。わかるで~。

いろんな白髪に関するサイトに「ストレスを溜めないように」って書いてあるけど、

 

 

「そんなことわかってんねん!!」

 

 

って思うわ。わかってるけど簡単やないねん!

 

 

じゃあどうすればいいのかってことやけど、ストレスから逃げられんようなら、溜まったストレスを発散させることが重要になるわけや。

 

 

いわゆる「ストレス発散」やな。

方法は色々あると思うけど、ワイのおすすめは「土いじり」や。

庭の草むしりや家庭菜園はストレス解消にはもってこいの趣味やで。

適度に体も動かすし、命を育てる楽しみを味わえるしな。

 

 

ワイの実家は田舎でな、庭に菜園があんねん。

帰省したときは子どもたちと土いじりするんやけど、これがおもろいねん!

 

 

はじめは小さなプランターでミニトマトでも育ててみるといいで。おすすめや!

草むしりが趣味ってのもどうかと思うけど、要は集中して取り組むことに意味があるんや。

 

 

夢中になって頭を空っぽにする時間をあえて作ることが大切なんやな。

ワイは今ゴルフに夢中やねん。なかなかの腕前やで。

 

 


あとはやっぱり「よく寝る」ことやな。

人間は寝ることでストレスをリセットする機能がついているんや。

ストレスで寝れんようならまぶたを閉じて横になるだけでもええで。

 

 

突然の白髪の増加はストレスを疑ってみるとええ。

そして自分に適したストレス発散方法を編み出してな。

 

 

老化

次に「老化」や。白髪って「老いの象徴」みたいなもんやな。

老化もメラノサイトの機能が低下してしまう一因と考えられとるで。

 

 

理屈は簡単や。

年取ると「細胞の老化」「細胞の減少」「代謝の低下」「適応力の低下」「ホルモンの減少」が起こってしまうんや。

 

 

これは仕方のないことで、人間ならみんなが通る道やねん。

不老不死の人間なんかおらんからな。

 

 

でな、人間の老化はいつから始まると思う?

実は20代から老化は始まっているんや。

そこからどんどんと老化が進み、平均すると35歳くらいから白髪がでてくる傾向があるんやな。

 

 

髪に焦点を絞って話をすると、頭皮の老化でメラノサイトが減少してメラニンを作ることができなくなるんやな。せやから白髪になるってわけなんや。

 

 

これは理屈にかなっていると思うし、年配の方に白髪が多い事実を考えると間違いないと思う。

つまり、絶対に避けられへん現象なんやな。

 

 

ただな、諦めるのはまだ早いで。

いずれ白髪になるにしても、その進行を遅くすることは可能やで。

 

 

これはストレス対策と重複するんやけど、「バランスのよい食事」「たっぷりの睡眠」「適度な運動」を意識して細胞の健康を維持することが大切なんや。

 

 

そうすることで髪だけやなく、全身の老化を遅らせることができるってわけや。

できるだけ頭皮や髪に栄養が届くように努力せなあかんねんな。

 

 

遺伝

ほんで次は「遺伝」の可能性や。

これは昔から言われていることで、親から「白髪になりやすい体質」を受け継いでるって話しやな。

 

 

特に若白髪で悩んでいる人は、親も若いときから白髪があったんちゃう?

聞いたことないなら今度聞いてみてな。

 

 

ワイも床屋のおっさんに最初に言われたのがこれや。

てか、他の床屋でもこれしか言わん。

で、次のお決まりの文句が「ハゲるよりましですよ。染めればいいですから」

・・・うん、フォローしてくれてありがたいけど、これはこれで悩みやねん。

 

 

脱線したから話を戻すで。

遺伝は統計上でも、親に白髪が多い場合は子供も白髪になりやすい傾向が確認されとるから信憑性は高いわな。

 

 

しかしな、白髪になりやすい体質を受け継いだからといって、必ず白髪になるわけではないねん。実際の例をあげようか?

 

白髪だらけになってきた20歳前後のとき、ワイの親に「若いときから白髪が多かったのか」聞いてみたんや。

 

答えは「イエス」

 

ワイは9歳から白髪で悩んどったから、「遺伝ならしょうがない」ってちょっと安心したんやな。でもな、話はここで終わらんねん。ワイには3つ年上の兄貴(35)がおるんやけど、こいつが今だに真っ黒やねん! ここ最近「ちらほら白髪が出てきた」って嘆いてたけど、ぱっと見にはわからんレベルやな。

 

(猿の兄の頭 実際の写真)

 

 

な、2本ほどあるけどほかは真っ黒やねん。

2歳年下の妹もおるけど、こいつも真っ黒!

ワイだけやねん。小さいときから白髪で悩んでんのは!

 

この事実から、たしかに遺伝が関係している可能性は高い。

でも、けっきょく個人の体質によるところが大きいように思うねんな。

 

 

遺伝子についてもうちょっと詳しく説明すると、「IRF4」っていう毛髪の色素を管理する遺伝子が関係しとるところまではわかってんねん。

 

 

こいつの機能が正常に働かんくなって白髪になるそうや。

でもわかっているのはここまでや。

結局なぜIRF4に異常が起こるのか原因はまだわかってないんやな。

今後の研究に期待、って感じや。

 

 

まあでも、遺伝については個人でどうこうできる問題やないからな~。

対策のしようがないわな。

しいて対策するなら、気にせんのが一番ええねん

ストレスも溜まるしな。

 

 

 
遺伝? あっそう。ふ~ん。

 

 

ってな感じで、意識的に無視するのが精神衛生上おすすめや。

いうても気になるところが悩ましいけどな!

 

 

病気

最後は「病気」の可能性や。

これは小さいときから白髪が多かったり、突然白髪が増えたときに疑ってみることをおすすめするで。特に赤ちゃんや子供に白髪が見つかると、親としては心配やからな。

 

 

ここでは白髪に関係する病気について紹介していくで。

 

 

尋常性白斑

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)は、何らかの理由でメラノサイトが機能しなくなり、メラニンの生成ができなくなる病気や。ん~、簡単に言うと皮膚で色素が作れんくなる病気や。

 

 

右の画像(出典:ウィキペディア)がそうやな。ここでも「何らかの理由」でっていうてるけど、白髪と同じで原因は不明やねん。わからんことだらけやな。

 

 

体のいたるところで発症し、発症した部分は白く抜けたような白斑が出るのが特徴や。

 

 

こいつが頭にできてしまうとその部分が白くなって、同時に髪も白くなってしまうんやな。

 

 

尋常性白斑は後天性のもんやから、いつ何がきっかけでなるかわからんねん。誰にでも発症する可能性はあるで。

 

 

突然部分的に白髪ができた場合や、皮膚に異常がみられた場合は皮膚科の先生に相談するようにしてな。

 

 

貧血

男でも貧血の人って多いよな。特に珍しい病気でもないけど、貧血を甘くみとったらあかんで!

 

 

貧血は、平たく言えば「血液が薄くなること」やな。

特に多いのが「鉄欠乏性貧血」で、朝が起きれんかったりめまいを引き起こしたりするあれや。

 

 

血液には赤血球やらヘモグロビンやらがあって、栄養や酸素を身体の隅々まで送り届けてくれてんねん。理科で習ったやろ?

 

 

でな、血液が薄くなるっちゅうのは、この赤血球やヘモグロビンやらが減少してしまうことやねん。

そうなると何が起こるんかっていうと、栄養や酸素を運ぶ機能が弱ってしまうんやな。

 

 

ってなると最悪死んでしまうかもしれん。

でも人間の体はえらいもんで、弱ったら弱ったで、重要な器官に優先的に栄養や酸素を運ぶようになるんや。

例えば、脳や腎臓がこれやな。機能が低下すると死んでまうもん。

 

 

薄くなった血液が頑張って重要器官に栄養や酸素を送り届けたら、他の器官は残りの栄養でまかなわないかん。

特に髪なんかなくても死にはせんからな。優先順位は超低いんや!

要は、毛髪はスクールカーストの最底辺なんやな。おこぼれで生きてんねん。

 

 

せやから東洋医学では、髪は血のあまりでできているっちゅう意味で「血余」って呼ばれてんねん。

十分な栄養や酸素をもらえんくなると、栄養不足でメラニンの生成がうまいことできんくなるわけやな。

結果として白髪になるわけや。

 

 

 関連記事  体を内側から改善する東洋医学の考え方はこっちや

 

 

慢性的な貧血の人は白髪になりやすい傾向があるで。

そんな人は「鉄分」を意識して摂るようにしたいな。

サプリでもええねんけど、普段の食事から摂取できることが理想やと思う。

以下に特に鉄分補給に適した食品を紹介しておくで。参考にしてな。

 

 

鉄分を多く含む食品
牛肉、豚肉、鶏肉、レバー、アサリ、ひじき、しじみ、牡蠣、海苔、小松菜、大豆、カツオ、干しエビ

 

 

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症っていうのは、喉にある甲状腺の機能が低下する病気やな。そのままやけど。

そもそも甲状腺っていうのは、身体の新陳代謝を活性化させるホルモンを生成する器官なんや。

 

 

ちょっとわかりにくいんで簡単に言うとやな、身体の成長に欠かせないホルモンを作っている場所と思ってもらったらええで。その甲状腺の機能が低下してしまうと、

 

 

  • 記憶力の低下
  • 慢性的な疲労感
  • 乾燥肌
  • 冷え性
  • 髪質の低下(ゴワゴワ、パサパサ)
  • 脱毛
  • 白髪

 

などが起こってしまう病気なんや。けっこう恐ろしいで。

甲状腺機能低下症は先天的なものと後天的なものがあって、小ちゃい子でも発症するケースもあるんやな。

 

 

子供の白髪を見つけたら、この病気を疑ってみるといいかもしれん。

甲状腺機能低下症は薬で症状を抑えることができる。

薬でホルモンバランスを整えることで、ハゲや白髪が改善した実例もあるみたいやな。

 

 

腎臓疾患

腎臓機能の低下も白髪の原因の一つと考えられているんや。

メラノサイトでメラニンが作られるときに必要な成分に「カルシウム」がある。これが足りんとメラニンが正常に生成されんのや。

 

 

このカルシウムの吸収の手助けをしている「活性型ビタミンD」ってのがあるんやけど、この活性型ビタミンDを作っているのが腎臓なんやな。

 

 

その腎臓機能が低下すると、「活性型ビタミンDの不足」「血液の不足」が起こってしまい、結果としてメラノサイトが正常に機能せんくなるんやな。で、白髪になりやすいって理屈やねん。

 

 

対策としては、「暴飲暴食をやめる」「減塩」「野菜の摂取」「バランスのよい食事」を心がけることが大切なんや。

 

 

早老症

聞いたことないと思うけど、ウェルナー症候群、プロジェリア症候群といった「早老症」って病気があるんや。

 

 

これは読んで字のごとく、ありえない早さで老化していく恐ろしい病気やねん。現在では原因はわかっておらず、治療もすることができない難病や。

 

 

早老症を発症した子供の平均寿命は13歳。親としてはたまらんわな。

早老症には生まれてすぐ発症するケースや、成人してから発症するケースもあって、日本でも1000人以上の人がこの病に苦しんでいるんやな。

 

 

早老症は白髪以外にも、シワ、ハゲ、発育不足など、外見に特徴があるから発見は比較的容易や。せやけど、治療方法が確立されとらんから、今のところどうしようもない病気やな。ここでは一例として紹介してみたで。

 

 

これ以上増やさないための対策が重要

これまで見てきてもらったからわかると思うけど、白髪には特効薬はないんや。残念ながらな。

 

 

せやから、白髪を改善させるには、これ以上白髪を増やさない努力をすることが重要になってくるわけや。上で紹介した白髪対策をまとめてみたで。

 

 

    • バランスのよい食事
    • 生活習慣の改善
    • ストレスを溜めこまない
    • 適度な運動をする
    • 十分な睡眠をとる
    • 病気の疑いがあればすぐに受診

 

これが大切やな。

当サイトでは、それぞれ有効な対策を解説してるで。

隅から隅まで見てみてな。


 

この記事に関連する記事一覧

白髪染め総合ランキング
おすすめの白髪染め
通販の白髪染め
市販の白髪染め
白髪のこと
白髪染めのこと
猿のつぶやき
当サイトについて