ホーム » 白髪染めのこと » 肌や耳についた白髪染めはどうすればいい?

肌や耳についた白髪染めはどうすればいい?

 
自分やる白髪染めって汚れとの戦いでもあんねん。

どうしてもワイらは素人やからおでこや耳についてしまうんやな。

白髪歴23年のワイでも今だにつけてまうもん。

ただ適切に処理すれば、つけてしまった白髪染めはとることができるで。

このページでは肌についた白髪染めのとり方について話していくで。

 

 

肌についた白髪染めを落とす方法

グダグダ言うのも嫌やから結論から言うで。

白髪染めが肌についたときは、

 

 

「激落ちくん」

 

 

を使えばかなりきれいになるで。

知らん人はおらんと思うけど一応説明しておくな。

 

 

「激落ちくん」っていうのは「メラミンスポンジ」のことや。

メラミンスポンジは、消しゴムのように摩耗しながら汚れをこそぎ落としてくれるスポンジやねん。

洗剤不要で、水をちょっとつけて軽くこするだけで白髪染めが落ちるで。

 

 

注意点としては、対象を削り取りながら汚れを落とすもんやから、こすりすぎると肌を傷めてしまうねん。

せやから、軽い力で優しくこするのがコツや。

力いれんでも十分綺麗になるで。

 

 

固形石鹸でもある程度落とせるけど、激落ちくんにはかなわんで。

これから白髪染めを自宅でやるなら準備しておくことをすすめるで。安いしな。

 

 

肌につく前に対策をしておく

肌についてしまったら激落ちくんでこするのがおすすめやけど、そもそも白髪染めが肌につかないようにしておくとストレスないで。

 

 

おすすめとしては、コールドクリームやワセリンなんかの油分を含んだクリームを生え際や耳につけることや。たとえ色がついたとしても、お湯で洗い流すだけできれいになるで。

 

 

即座に拭き取るのが基本

激落ちくんがなく、もし汚れてしまったときは、即座に拭き取ることが重要や!

基本的に、汚れっちゅうもんは時間とともに取れにくくなるもんやねん。

これは白髪染めも同じや。

 

 

汚れがついたことに気づいたらティッシュやタオルですぐに拭き取るようにしてな。

 

 

ただ、実際の染めてみるとなかなか気づかんねんな。

はみ出さずに染めれたと思っていても、10分放置して見てみると、おでこや耳の上部分が黒くなってたこと何回もあったわ。

 

 

白髪染めって体温で徐々に染まる性質があるから、塗ってる最中はわかりづらいねん。

できれば激落ちくんを用意しておいたほうがいいな。

 

 

 

面倒なら放置も可

わざわざそこまでしたくないなら、放置してても問題ないで。

 

 

ヘアマニキュアは髪の表面に着色する白髪染めや。

これは肌についた場合も同じで、肌の表面に着色するわけや

 

 

せやから何もせんでも、「代謝」で着色した部分が剥がれ落ちんねん。垢としてな。

目立たない箇所や汚れが少ない場合は無視してもええで。

3日もすればほとんどわからんようになるしな。

 

 

トリートメントタイプの白髪染めはすぐに落ちる

激落ちくんや固形石鹸を使わんでも落ちる白髪染めもあるで。

ヘアカラートリートメントやな。

 

 

これであれば頭皮や耳についても、お湯で洗い流すだけOKや。

下の写真は、地肌まで白髪染めがついたものやけど、一度洗っただけで地肌が白くなってるのがわかると思う。

 

 

そうなると、髪への着色が弱いんじゃないか心配になるけど、選び方さえ間違わなければ2週間以上もつで。

肌への付着が心配なときは、ヘアカラートリートメントにすることをおすすめするで。

 

 

まとめ

肌についた白髪染めはメラミンスポンジできれいになるで。

さすがに爪の隙間は難しいけど、ぱっと見にはわからんくらいになるからおすすめや。

 

 

肌につけないように染めても、必ずつくもんやねん。

汚れること前提で準備しておくことが大切やな。

 

 

 関連記事  面倒な白髪染めをより早く終わらせるための道具


 

この記事に関連する記事一覧

白髪染め総合ランキング
おすすめの白髪染め
通販の白髪染め
市販の白髪染め
白髪のこと
白髪染めのこと
猿のつぶやき
当サイトについて