ホーム » 比較ランキング » 安全かつメッチャ染まる白髪染めランキング!

安全かつメッチャ染まる白髪染めランキング!

 

白髪染めは白髪を染めてこそ、その存在価値があんねん。

染まりの悪い白髪染めはクソやと思ってるで!

ただ、よく染まっても体に害のあるようなもんは使いたないねん。

髪がバサバサになったり、ハゲたりしたないしな。

せやからこのページでは、髪や頭皮にやさしい上、メッチャよく染まる白髪染めをランキングにしてみたで!

これまで染まりに不満があった人はぜひ参考にしてほしいな!

 

 

安全かつメッチャ染まる白髪染めランキング!

  • LPLP(ルプルプ)

    • ダメージ0の白髪染め
    • 無添加処方
    • 美容成分94%
    • ジアミン不使用
    • ソフトブラック、Dブラウン、Mブラウン、Lブラウン
    • 染め置き10分
    • 初回39%OFF ⇒ 1,980円
染まりやすさ 安全性 コスパ 総合評価
絶対に使ってみてほしいのが「ルプルプ」や。

ヘアカラートリートメントの中で一番よく染まるで!

ワイのような剛毛短髪でも、1回目から染まりが実感できたし、なにより髪と頭皮へのダメージ0!っちゅう高性能の白髪染めや。

今のところ、ルプルプ以上に染まるヘアカラートリートメントはない!と断言できるほどの染め上がりやで。

これまでヘアカラートリートメントに不満があった人は、ぜひ試すべきやで!

その染色力に恐れおののくがいい・・

 

体験レビューを見てみる

 

LPLP(ルプルプ)公式サイトを見てみる

 

 

  • キラリとろ~りムース

    • ジアミン不使用
    • 19種類の美髪成分
    • 泡タイプで使いやすい
    • 皮膚科学研究から誕生
    • 放置時間10分
    • ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン
    • 初回限定2,760円(税込)
染まりやすさ 安全性 コスパ 総合評価
ルプルプに引けを取らん染色力を持つんが「キラリとろ~りムース」や。

こっちはムースタイプの白髪染めで、「よく染まる」「染めやすい」白髪染めやな。

なかでもすごいんが、その色持ち。

ワイでも2週間色が持続したで!(たいてい1週間)

普通の髪質の人や白髪の割合が少ない人なら、へたすりゃ3週間以上持つんちゃうかな?

成分が強いっちゅう弱点はあるものの、めっちゃ使いやすい白髪染めや。

一度は試してみる価値あるで!

 

体験レビューを見てみる

 

キラリとろ~りムース公式サイトを見てみる

 

 

  • 利尻ヘアカラートリートメント

    • 無添加ヘアカラートリートメント
    • ジアミン不使用
    • 28種類の美髪成分
    • 北海道利尻産こんぶ使用
    • 無香料
    • ブラック、Dブラウン、Nブラウン、Lブラウン
    • 初回限定1,000円OFF ⇒ 2,160円(税込)
染まりやすさ 安全性 コスパ 総合評価
コメント
3位が利尻ヘアカラートリートメントや。

正直に言うけど、染まりに関しては1位2位とは大きな壁があるで。

イメージでいくと、、

 

ルプルプ > キラリとろ~りムース >>>>利尻ヘアカラートリートメント

 

こんな感じや。

こいつのいいところは「総合力」や。

突出したもんはないねんけど、「安全性」「染めやすさ」「染まり」「コスパ」とすべてを高水準で満たしてるで。「優等生」っちゅう言葉がよう似合う白髪染めや。

白髪染めで迷ったらこれにしいや。

 

体験レビューを見てみる

 

利尻ヘアカラートリートメント公式サイトを見てみる

 

 

 

ヘアカラートリートメントできれいに染めるコツ

ここでは特によく染まる白髪染めを紹介したけど、染め方がヘタクソならその性能を十分に引き出すことはできんで。

 

 

ちょっとここで、ヘアカラートリートメントできれいに染めるためのコツについてレクチャーしてみるで。

 

 

言うても覚えることは以下のことだけやねん。

 

    • 汚れを落とす
    • 乾いた髪で染める
    • たっぷり塗る
    • 染置き時間をしっかりとる
    • 1~3回染める

 

汚れを落とす

汗や整髪料がついた状態では、染色力の強い白髪染めでも染まらんで。

汚れが髪をバリアーしてもうて薬剤がつかんのや。

 

 

ヘアカラートリートメントするときは、このような汚れを落として染めるのが鉄則や!

きっちりシャンプーして染めるようにしてや。

 

 

乾いた髪で染める

シャンプーしたあとドライヤーで十分乾かすことも大切や。

水がついてると、今度はその水分がバリアーになってしまうんや。

 

 

白髪染めの種類によっては、「濡れた状態でも使えます」なんてのもあるんやけど、乾いた髪と塗れた髪では、前者のほうが確実によく染まったで。

 

 

これはワイの経験則から来るもんやから間違いないで!

ヘアカラートリートメントは乾いた髪に塗布してや。

 

 

たっぷり塗る

ヘアカラートリートメントをケチらず使うことも重要や。

ケチって薄~く伸ばしてまうと、ムラになったり、そもそも染まらんかったりすんねん!

 

 

特に染めはじめ(1回目)はこれでもかっちゅうくらいべったり塗るといいで。

これで下地ができればあとは少なめに塗ってもOKや。

 

 

染置き時間をしっかりとる

髪質によってはメーカー推奨の染置き時間では染まらんことがあんねん。

ワイがまさにこれで、髪が硬い人、髪が健康な人は染まりにくい傾向があるんや。

要はキューティクルがしっかりしていて、薬剤をはねのけてしまうんやな。

 

 

ワイみたいに、なかなか染まりにくいって人は「染置き時間」を伸ばせば十分染めることができるで。

ワイの場合はきっちり30分放置。

これでほとんどのヘアカラートリートメントは染まるわ。

 

 

2~3回染める

もともとヘアカラートリートメントは1回で染まるような白髪染めじゃないねん。

連続で2回3回と染めることで染まるんやな。

 

 

市販のヘアカラー(メンズビゲンなど)しか使ったことない場合は、「ぜんぜん染まらんやんけ!」って怒ってしまいがち(ワイも切れかけた)やけど、ヘアカラートリートメントっちゅうのはそういうもん、ってことを理解せないかんな。

 

 

一位のルプルプは1回目からメッチャ染まって笑ってもうたけどなww

染め方に関しては、更に詳しいページもあるから、ぜひ見てほしいな。

 

これでダメなら諦めろ!ヘアカラートリートメントの正しい染め方


 

この記事に関連する記事一覧

白髪染め総合ランキング
おすすめの白髪染め
通販の白髪染め
市販の白髪染め
白髪のこと
白髪染めのこと
猿のつぶやき
当サイトについて