ホーム » 白髪のこと » 【白髪予防】男のヘアケア

【白髪予防】男のヘアケア

 
白髪予防のためには、普段のヘアケアも重要や。

髪と頭皮を優しくいたわって、白髪をこれ以上増やさんようにしてあげんとな。

このページでは、白髪を増やさないための髪の手入れについて解説してくで。

 

 

ヘアケアの基本はシャンプーから

毎日のシャンプーは髪や頭皮の手入れをする絶好のタイミングや。

 

 

シャンプーって髪を洗うもん、ってイメージがあるけど、実は頭皮を洗うことが重要なんやで!
男性の場合、整髪料や汗で頭皮はメッチャ汚れてんねん!

 

 

それなのに髪だけガシガシ洗ってる人、けっこう多いで。
髪だけきれいで頭皮が汚いままだと、髪の根元に「汚れの層」ができてしまうんや。

 

 

この汚れの層が残ったままだと、毛穴から皮脂を出そうとしても出られへんようになんねん。

汚れの層が蓋をしてしまうんやな。

 

 

すると汗が毛穴に逆流してしまうんや!

そうなると、頭皮の環境は一気に悪くなるで!

 

 

この頭皮環境の悪化で白髪になる可能性も十分考えられるから注意せんといかんねん。

せやから、シャンプーは髪を洗うんじゃなくて、頭皮を洗うことを意識するようにしてほしいな。

 

 

 

正しい頭皮の洗い方

それじゃあワイがやってる頭皮の洗い方を解説していくで。

 

 

正しい手の形

まずは手の形から確認してや。
一番多い間違いが下の形や。

 

 

これだと爪が頭皮を傷つけるからダメやで。
普段どんな指の形で洗ってるか確認してみてな。

この形でガシガシやってるんちゃうかな?

 

 

正しい指の形が下の画像や。

 

 

この形にして、指腹(しふく:指先のちょっと下)で洗うとええで。

ここを使って、マッサージをするように洗っていくねん。

 

 

正しい洗い方

洗い方は、下から上へ、端から真ん中へ、小刻みに回しながら洗うといいで。

さっきの指の形で頭皮マッサージするイメージやな。

 

 

 

なんや矢印がヘタクソやけど、下から上へ洗うようにすると、指が髪の根元にいくのがわかるはずや。これで頭皮がきれいに洗える、っちゅうわけやねん。

 

 

このとき力を入れすぎたらダメやで!

頭皮はほかの肌と違って弱いねん。

優しくほぐすようなイメージで洗うようにしてな。

 

 

マッサージ効果もあるから、つづけることで頭皮が柔らかくなるで。

実際にやってみると、じ~んとして気持ちいいで。

血行も良くなって白髪予防に役立つはずや。

 

 

すすぎ

洗い終わったら「すすぎ」や。

このときも、頭皮を洗い流す感覚ですすぐようにしてな。

 

 

注意点としては、最低1分はすすぐことや。

これを疎かにする人多いねん。

みんなも15秒位で泡が消えたら終わりにしてるんちゃう?

 

 

15秒程度シャワーしただけでは根本のシャンプーは取れへんで。

泡がなくなっても最低1分はすすぐようにしたいな。

シャンプーが残ったら正しく洗った意味がないしな。

 

 

シャンプーにもこだわる

白髪を予防するなら使うシャンプーにもこだわりたいな。

 

 

白髪の原因であるメラノサイトを活性化する成分が配合されたシャンプーもあるで。

細かい話しだすとキリないから要点だけ話すと、外から栄養をを与えて白髪予防しよう、っちゅうことやねん。

 

 

ワイが今使ってるのが「haru黒髪スカルプ・プロ」や。


haru黒髪スカルプ・プロには「ヘマチン」って成分が配合されてんねん。

このヘマチンのすごいところは、髪の主成分であるケラチンと結合して、「メラノサイトの活性化」「活性酸素の除去」をしてくれるシャンプーなんや。

 

 

特に、メラニン(髪を黒くする成分)をつくるメラノサイトを元気にする効果が白髪予防に最適やねん。

 

 

さらに言えば、「100%天然成分」「たっぷりのミネラル配合」「シリコン不使用」「キシミなし」「リンス不要」っちゅう高品質のシャンプーや。

 

 

要は、安全に使えて仕上がりも良いシャンプーってことなんやな。

 

 

白髪予防に最適な成分をたっぷり配合している分、3,600円(税別)とちょっと高めや。

ただ、3ヶ月以上持つから、一月1,000円程度で使えるで。

 

 

これは「投資」やねん。

将来的に「白髪」「薄毛」を予防するためにも使ってみることをおすすめするで。

 

 

haru黒髪スカルプ・プロ

 

 

正しいブラッシング

出勤前や風呂前のブラッシングは白髪予防が期待できるで。

 

 

ブラッシングで得られる効果は、

 

    • ブラッシングの刺激による頭皮の血行促進
    • 頭皮の血行が良くなり皮脂を分泌させハリとコシアップ
    • 髪についた汚れを取ることでシャンプー効果アップ

 

ちょっとしたブラッシングをすることで、大きなメリットがあるんやな。

 

 

ブラッシングのやり方はいたってシンプルや。

豚毛ブラシや猪毛ブラシを使って、生え際から頭頂部に向かってやさしくブラッシングすんねん。下から上に、ってことや。間違えんようにな。

 

 

ちなみ豚毛ブラシってこんなんや。

こういった獣毛ブラシは頭皮に刺激を与えすぎようにできてんねん。

使ってみるとわかるけど、気持ちいいで。

 

 

力加減は軽くでいいで!

強すぎると逆に頭皮を傷めてしまうしな。

 

 

普段ブラッシングせん人でも、白髪予防、薄毛予防のためにもはじめてみたらどうや?

簡単やけど気持ちいいで。

 

ベス 天然豚毛100% ヘアブラシ 

 

 

ドライヤーのかけ方

最後にドライヤーのかけ方や。

早く乾かすために「至近距離で」「同じところに」ドライヤーかけてへん?

これ、まったくダメダメやで。

 

 

こんなことしてたら髪にも頭皮にもダメージが残るからやめてな。

そんな熱々にせんでも素早く乾くで。

 

 

正しいドライヤーのかけ方は、

 

    • タオルで拭いたあとかける
    • 20cm離す
    • 頭皮に温風を送るイメージでかける
    • 乾いてきた冷風をかけキューティクルを引き締める

 

特に頭皮に温風を送るイメージでかける、っちゅうのがキモの部分や。

これを意識するだけでダメージを残さず、素早く乾かすことができるで。

 

 

あ、言うの忘れてたけど、自然乾燥派の人は、これからはドライヤーで乾かすようにしてな。

これは特に白髪染めしてる人に言いたいんやけど、染めたあとすぐに乾かさんかったら色落ちが早なるで。

 

 

これは髪の構造に問題があるんやけど、水分を含んだ髪ってキューティクルが開いてしまうねん。

これを放置すると、その開いた隙間から染料が流れ出てしまうんや。

それに塗れた髪を放置すると、雑菌の温床にもなるで。

 

 

せやから、これまで自然乾燥派の人でも、これからはドライヤーを使うようにしてほしいな。

 

 

まとめ

男のヘアケアについて話してきたけど、お役に立てたやろか?

 

 

普段当たり前にしてることでも、あらためて確認すると間違ってることって結構あんねん。

このページを見て「へぇ~」って思うことがあったら、ぜひ取り組んでみてほしいな。


 

この記事に関連する記事一覧

白髪染め総合ランキング
おすすめの白髪染め
通販の白髪染め
市販の白髪染め
お悩み相談
白髪のこと
白髪染めのこと
猿のつぶやき
当サイトについて