ホーム » 白髪染めのこと » 白髪染めは自宅と理髪店ではどっちがいい?

白髪染めは自宅と理髪店ではどっちがいい?

 
白髪が増えてきて悩むのが、「自宅で染めるか」「プロにお願いするか」ってとこやな。

絶対みんな悩んだことあるはずやねん。

結論から言えば、「コスパで選ぶなら自宅染め」「仕上がり重視ならプロ」って感じや。

どうしても一長一短あんねん。

以下で詳しく話していくから、どちらで染めようか悩んでいる人は参考にしてや。

 

 

プロに染めてもらうメリット・デメリット

まずはプロに染めてもらうメリットとデメリットや。

 

メリット

    • ムラがなく仕上がりがきれい
    • 選べるカラーが豊富
    • 最小限のダメージで染めることができる

デメリット

    • 料金が高い
    • 時間がかかる
    • 予約が必要な場合がある
    • 若白髪を見られるのが恥ずかしい(ワイだけか?)

メリットはいくつかあるけど、きれいに仕上げたいならプロに頼むのが一番ええ。

そらぁきれいに染め上げてくれるで!さすがや!

 

 

カラーも豊富に選べるから、そのときの気分で変えることもできるしな。(会社に怒られない範囲で)

たまに向こうから、「たまには少し明るめにしてみません?」って声をかけてくれることもあるから楽しいで。サンプル持ってきてくれたりしてな。ちょっと冒険してみたくなんねん。

 

 

ワイも26歳くらいまでずっとプロにお願いしとったで!

こんなサイト運営してていうのも何やけど…

 

 

でもな~、やっぱり高いねん

できるだけ白髪染めにはお金使いたくないんや。

本来ならいらんお金やしな。

 

 

ワイが利用してたとこは、カットと白髪染めで7,000円やったで。

月に1度や。毎月の出費と考えると痛いねんな。

 

 

独身なら問題ないかもしれんけど、小遣い制のワイには毎月7,000円は辛いねん。

プロに頼む一番のデメリットは、この「料金の高さ」やな。

 

 

ちなみにな、何度かカットと白髪染めで4,000円くらいのとこ利用したことがあるんや。

やばかったで。

 

 

ある店では塗った瞬間からヒリヒリするような、ごっつい強力な薬剤を使われたことがあったな。

頭がジンジンしてこめかみがサブーなんねん。

仕上がりも海苔が張り付いたような染め上がりやったわ。「二度と行くか!」って思ったわ!

 

 

次の話おもろいで。

白髪染めに「メンズビゲン ワンプッシュ」を使ってた。

ドラッグストアで買える、これ→やな。

 

 

後ろで「シュー」って音が聞こえてくるんや。

正直笑ってしもうたわw

プロがそれ使ってええんかい!」ってツッコミたくなったで!

「え”~」って声が漏れ出てたもん。

 

 

その他には、ごっつい忙しい店で、流れ作業の部品の一部みたいに扱われたことがあるな。一言でいえば「雑」

 

 

細部の切り残しもあったし、染めムラもあったで。

左右のもみあげの高さが違うてたからな。

安いとはいえ、最低限の施術はしてほしいわ。

 

 

もちろんこんな理髪店ばかりじゃないのは十分理解してんねん。せやけどこれらの経験のせいであんまり安い理髪店は信用できんようになったんや。

 

 

で、7,000円の理髪店に落ち着いたわけなんや。

今は自分で染めとるからカットだけやからもっと安いけどな。

しかしメンズビゲン ワンプッシュは今思い出しても笑えるわw

 

 

話がそれてしもうたから話し戻すで。

その他のデメリットとしては「時間がかかる」ってとこやな。

店にもよるけど、混んでいる場合は自分の番まで待たないかん。

 

 

ワイは待つのが嫌いやから、これって大きなデメリットやねん。

そこからさらに、カットと白髪染めで1~2時間くらいかかってしまうんや。

当然、営業時間中に行く必要もあるしな。

 

 

さらに面倒なのが予約制の美容院や。

希望する日に予約ができればいいけど、予約で埋まってることも十分に考えられるしな。

そうなると自分のペースで染めることができんのや。

このあたりがプロに頼むデメリットや。

 

プロ用の白髪染めと市販の白髪染めは何が違う?

ちょっとここで小話や。

プロが使う白髪染めと、セルフケア用の白髪染めは何が違うのか知ってる?

プロに頼むとそこそこお金取られるから、それなりの白髪染め使ってそうやん?

 

でも実は、プロ用の白髪染めも市販の白髪染めも成分はほとんど同じなんや。ちょっと驚きやろ?

 

じゃあなんであんな高い料金になっているのかというと、、これは「技術料」やねん。

髪の状態に合わせて染めてくれたり、白髪の量を見て最適な提案をしてくるからなんや。当然染め方もうまいわな。

 

それだけじゃないで。

白髪染めの成分は同じでも、その配合を変えてくれるんや。

極力髪にダメージがないようにしたり、染まりにくい髪質には染色力をアップしたりしてくれんねん。

 

染めたあともトリートメントで髪をいたわってくれるから、お金がかかるんやな。

せやから金に糸目をつけんなら、プロに頼むメリットは大きいで。こんなサイト運営してて(略)

 

 

自宅で染めるメリット・デメリット

それじゃあ自宅で染めるメリットとデメリットをみてみようか。

まずはざっくりといくで。

 

メリット

    • 安上がり
    • 自分のペースで染めることができる
    • いつでもリタッチが可能

デメリット

    • 慣れないとムラになる
    • 思った色にならない可能性がある
    • タオルが黒くなる

こんな感じやな。

 

最大のメリットは安く染めることができる点やな。

男性なら、1,000円~3,000円程度の白髪染めで数回使えるからコスパは最高や。

1回あたり300円くらいちゃうか?

これだけでも大きなメリットやな。

 

 

あとはいつでも自分のペースでできる点も重要やねん。

先述のとおり、店が混んでいたり、予約がうまいこと取れんかったりすると、えらいこと時間を無駄にしてしまうんや。

ワイはこれが嫌やねん!

 

 

でも、自宅で染める場合ならこの心配はいらんわな。

白髪が気になってきたらすぐに染めることもできるし、慣れてくればものの30分で終了や。

風呂入る前にサクッと染めることができんねん。

 

 

根本だけ、サイドだけ、って染め方もできるしな。

偏見かもしれんけど、男でわざわざ根本のリタッチ(染め直し)しに行く人なんておらんやろ?

ワイは1回も行ったことないわ。

これがすぐにできるってのはありがたいで。

 

 

デメリットとしては、ヘタクソが染めるとまだらになるところやな。

って偉そうなこと言いいよるけど、ワイも白髪染め初心者のときは「キリンさん」みたいになっとったで。

 

 

見えるところ(前と横)はきれいなんやけど、後頭部はひどかったな。

慣れた今でも後頭部は嫁さんにチェックしてもらってるわ。

 

 

あとは希望の色にならんことも十分に考えられるで。

髪質によってはうまく色がつかんのや。

例えば、ダークブラウンで染めたとしても、仕上がりは明るいブラウン、ってことも珍しくないで。

 

 

ただ、正しい染め方をすれば100点とまではいかんけど、80点、90点程度の仕上がりにすることは可能や。

これについては以下のページで確認してや。

 

 

 関連記事  ヘアカラートリートメントの正しい染め方

 

 

それと、地味に辛いのがタオルが汚れてしまうことやねん。

染めたあとにしっかりすすいだつもりでも、うっすらタオルが汚れてしまうんや。

数回洗たくすればとれるんやけどな、、ちょっと嫌やで。

 

 

まあでも、これは「白髪染め用のタオル」を用意することで解決できるで。

紺やグレーのタオルを使用したり、汚れてもいいタオルを用意しとけばOKや。

 

 

あとデメリットってほどではないんやけど、染めたあとは浴槽や洗面ホールはよくすすぎや!

濡れてるときはきれいに見えとっても、乾くと色が残ってることがあるで!

水で流すだけやなくて、スポンジで軽くこすり洗いしてな。

 

 

自宅染めと理髪店の併用はどうなの?

セルフケアとプロを併用する、って意見もあるけど、自宅染めに慣れてしまえば必要ないで。

理髪店や美容院は、はじめて染めるときか失敗したときくらいしか使わんようになる。

 

 

実際にワイは5年以上、理髪店で染めてないしな。

女性の場合は髪が長いからセルフケアも限界がある思うねん。

 

 

でも男の場合はまったく問題ないで。

あとは正しい染め方と頻度をマスターすれば一生自分で染めることも可能や。

 

 

おすすめとしてはトリートメントタイプの白髪染めや。

これなら色の調整が可能やし、髪と頭皮にもやさしいしな。

リタッチも簡単やで!

 

 

まとめ

自宅染めとプロに染めてもらう違いについて話してきたけど、結局一番気になるのはお金の問題やな。

「できるだけ抑えたい」ってのが本音やと思う。

 

 

白髪染めは長年使うもんやからランニングコストはバカにならん。

月に5,000円節約できれば年間6万円や!

これを5年10年で考えると……ばからしいで!

このお金を趣味に回せたら幸せやな。

 

 

ただ、プロにはプロのメリットがあんねん。

ワイもお世話になったしな。

 

 

せやから、白髪染め初心者や、失敗したときは助けてもらったらいいと思うで。

必要に応じて上手に利用するのが一番賢いと思うねん。

希望通り仕上げてくれるし、染め方のアドバイスもしてくれるしな。

 

 

そこから少しづつ上手になっていったらええわけや。

最初からうまいやつなんておらんで。


 

この記事に関連する記事一覧

白髪染め総合ランキング
おすすめの白髪染め
通販の白髪染め
市販の白髪染め
お悩み相談
白髪のこと
白髪染めのこと
猿のつぶやき
当サイトについて