ホーム » 白髪のこと » 若白髪で悩む小学生、中学生、高校生へ

若白髪で悩む小学生、中学生、高校生へ

 
このページはワイがもっとも書きたかった「若白髪」について書いていこうと思う。

若白髪と言っても幼児から20代まで幅広いけど、ここでは小学生・中学生・高校生を対象に話していくで。

理由はワイが一番悩んだ時期が小~高校生やったからや。

悩んだ期間が長い分、的確なアドバイスができると思うで。

ここさえ読んでもらえたら若白髪の悩みは解決したも同然や!

 

 

若白髪の悩み

若白髪で一番辛いのは「恥ずかしい」ことやねん。

みんなもそうやない?

ワイはとにかく恥ずかしかったな。

 

 

子供って残酷やからな。普通と違うものを見つけるとからかうんや。

 

 

「白髪多っ!」

「おっさんみたい」

「うわ~」

 

 

なんてこと平気で言いよるしな。

ワイ自身も「友達と違う」って思ってたから、白髪に対するコンプレックスは相当なもんやったで。

 

 

とにかく背後に立たれたないねん!

ゴルゴ13(知ってるか?)ばりに、背後に友達がいかんよう壁に背を向けてたしな。

かなり不自然やったと思うで。

 

 

ここまでなると「白髪あるよ」って言われるだけで苦痛やねん!

悪気はないってわかっててもな。

 

 

ちなみにな・・・これはあんまり言いたないんやけど、ワイが小学6年のときにつけられたあだ名は「ジジイ」やったで。(遠い目)

 

 


ジジイって・・・

直球すぎるやろ!

(この爺さんは禿げとるけどな!)

 

 

で、「なんとかしたい」って思っても、小学校・中学校の頃って白髪のことを先生はもちろん、親ですら相談しにくいねん。

 

 

それでも、なんとかしたいなら若白髪について知識を深めないかんで。

以下で詳しく説明していくから最後まで読んでな。

 

 

若白髪の原因

まずは若白髪が生えてくる原因を探っていこうか。

白髪が生えてくるメカニズムは、加齢による白髪も若白髪も同じやねん。

 

 

ここではざっくりと説明するけど、メラニン(髪を黒くする色素)を作っているメラノサイトが正常に働かんくなって白髪になるんや。正常に働かんくなる原因として、「加齢」「ストレス」「栄養不足」「遺伝」「生活習慣の乱れ」なんかが考えられてんねん。

 

 

若白髪は、そのメラノサイトの異常が若い時期にでてしまった、ってだけやねん。

病気でもなんでもないから、まずは安心してな。

 

 

もっと詳しく白髪の原因が知りたいなら、以下のページを参考にしてな。

 

 関連記事   白髪の原因と効果的な予防方法

 

 

若白髪は治るのか

じゃあその若白髪(メラノサイトの異常)は治すことができるのか?って話やけど、結論から言えば「治る可能性がある白髪」と「治らない白髪」があるんや。

 

 

治る可能性がある白髪というのが、「ストレスや生活習慣の乱れで一時的に白髪になったケース」やな。

 

 

例えば、「受験」で一時的に大きなストレスがかかったときに白髪が増えることは珍しくないねん。

ただ、受験さえ終えればそのストレスから一気に開放されるわけや。

実際に受験から開放されて白髪が徐々に減ってきた実例もあるんやで。

 

 

「いじめ」から白髪になる例もあるで。イジメのストレスは相当なもんやからな。

さらにその白髪をからかわれて、ますます増えていく悪循環に陥ってしまうんやな。

これもいじめから開放されることで白髪が減少する可能性は十分にあるで。

 

 

また、偏った食事や夜遊びなど身体に悪い生活をしていたら、髪に十分な栄養が行き渡らんで白髪になったかもしれんな。これはバランスのよい食事や十分な睡眠をとることで、白髪が改善する可能性は高いで。

 

 

実際に、ワイは白髪を減らすことに成功したで。

これについては以下を参考にしてな。

 

 

 関連記事  白髪を減らし効率よく黒髪に戻す方法

 

 

治らない白髪というのは「遺伝」「加齢」やな。ここでは加齢は省くで。

遺伝っていうのは、白髪になりやすい体質を受け継いだことを指すねん。

この場合は改善するのは難しいと考えてた方がいいで。

 

 

一時的なものではなく、そもそもそんな体質で生まれてきたわけやから改善のしようがないねんな。

せやからこの場合は、改善ではなく対処の方法を知る必要があるわけや。

 

 

若白髪の対処法は

上で説明したとおり、白髪を改善するには「ストレスをなくす」「生活習慣の改善」を意識することが重要や。

 

 

ただ、それでもなかなか減ってくれんのが白髪の辛いところやな。

どうしても減らん白髪には以下の方法を試してみると幸せになれるで。

 

 

短く切る

白髪が気になりだしたら「短く切る」ことでずいぶん印象はかわるで。要はスポーツ刈りやな。

白髪が目立つのは、白と黒のコントラストが目につくからなんや。

だったら白髪の面積を小さくすれば目立ちにくくなんねん。

ちょっとイメージしにくいから以下の画像を見てや。

 

 

 

こんな感じで一気に目立たんようになるで。

ただ、この方法は白髪が少ない初期の段階でしか効果はないねん。

ある程度増えてくると「ゴマ塩頭」になってかえって印象が悪くなるから注意してな。

 

 

染める

もう一つの方法が「白髪染めで染める」ことや。

これがもっとも確実で現実的な方法や。

 

 

最初は全体を染めるのに抵抗があると思う。

ただ、全体を染める必要はないで!

 

 

要は目立つ部分だけ染めればいいんや。

「気になる部分」「集中している部分」を染めるだけで間違いなく幸せになれるで。

 

 

おすすめとしては「トリートメントタイプ」の白髪染めやな。

これなら色の調整がきくし髪のためにもいいで。

 

 若白髪におすすめの白髪染め  利尻ヘアカラートリートメント

 

 

白髪染めは髪に優しいものを選ぶ

白髪は染めるのが一番確実で現実的やけど、ここで一つ注意点があるんや。

それは「白髪染めは髪に優しいものを選ぶ」ってことや。

 

 

ドラッグストアなんかで売られている白髪染めの多くは「ヘアカラー」に分類されんねん。

このヘアカラーっていうのが曲者で、たしかによう染まるけど髪と地肌に大ダメージを与えてしまうんや!

 

 

場合によっては、「かゆみ」「腫れ」「ただれ」なんかのアレルギー反応がでる可能性があるで。

ひどい場合は「アナフィラキシーショック」で呼吸困難になることもあるんや。

 

 

それだけじゃなく、長年使用することで「ハゲる」危険性もはらんでいるんや!ハゲたないやろ?

 

 

せやから髪と肌に優しい白髪染めを使うように心がけてほしいねん。

小中高は成長期やからな。特に注意してほしいわ。

 

 

その他にも、

 

  • 染まりが実感できるもの
  • 長期間利用しても安心なもの
  • 簡単なもの
  • アレルギーが出にくいもの

 

 

このあたりは押さえておきたいな。

上でも少し触れているけど、これらの条件を満たす白髪染めが「トリートメントタイプの白髪染め」なんや。

 

 

これは髪の表面を着色するだけやから髪にほとんどダメージがないねん。おすすめやで。

白髪染めについて詳しく知らたいときは下のページを参考にしてや。

 

 

 関連記事  白髪染めの種類と選び方

 

 

パッチテストをする

もし君が「染めてみようかな?」って考えているなら、「パッチテスト」をしてな。

 

 

パッチテストっていうのは、白髪染めをしたときに自分の身体に異常が起こらないかを調べるテストのことや。事前にちょっと試してみるねん。

 

 

特に肌が弱かったりアトピーがあったりする人は必ずやってな。

上でも話したけど、アレルギー反応でかぶれたり、ただれたりしてしまうかもしれんからな。

 

 

面倒な気もするけど、これは超重要やで!

やり方は簡単やけど、正しい手順で行わんと意味がないからな。

 

 

それとテストには48時間経過を見んといかんから染める2日前から準備が必要やで。

じゃあパッチテストの手順を見ていくで。

 

 

用意するもの

  • 白髪染め液
  • 綿棒
  • ティッシュ
  • 小皿(使い捨てできるものが良い)

 

 

手順1 テスト液を作る

ヘアカラータイプは、小皿を用意して1剤と2剤を混ぜ合わせてテスト液を作るんや。

トリートメントタイプならそのまま小皿に載せてもらってええ。

 

 

手順2 塗る

できたテスト液を綿棒を使って腕の内側に塗ってや。

塗る量は「10円玉大」が目安や。

なぜ腕の内側かというと、皮膚の薄い場所で試すことで異常がわかりやすいからやで。

 

 

手順3 経過を見る

ここまでやったらあとは経過を見るだけや。

まずは30分後に急性の異常がないかを確認。

 

 

かゆみや腫れが確認されたらすぐに洗い流すようにしてな。

30分経過してもテスト液が乾いてないようなら、ティッシュでポンポンとつけすぎた分を取り除くといいで。

 

 

何も異常がなければそのまま48時間放置して、重篤な異常がないかを確認。

なにも反応がなければこれで終わりや。

 

 

もし何らかの異常が出た場合は、すぐに洗い流して皮膚科でみてもらってな。

そのときはつかった白髪染めを持っていくとええで。

 

 

ちなみに、なぜ48時間も経過を見なければいけないかというと、アレルギー反応には遅れて反応が出る場合があるからなんや。せやから面倒でも正しい手順に従ってテストせんといかん、ってわけやねん。

 

 

手順4 染める

48時間のパッチテストで異常がなければ、その白髪染めを使っても大丈夫や。

あとは好きなだけ塗りたくって白髪を隠したらええで!

 

 

理想としては白髪を染めるごとにパッチテストをすんねん。

体質って何がきっかけで変わるかわからんし、体調が悪いときはもしかするとアレルギー反応がでるかもわからんで。

 

 

最初は親といっしょに染める

さて、ここまで準備ができたら白髪染めはいつでもOKや。

ただし、慣れるまでは親に協力してもらって染めるようにしてな

 

 

理由は絶対にうまく染めることができんからや。慣れんうちは難しいもんやねん。白髪染めは。

100%まだらになるで!特に後頭部は激ムズや。

 

 

まだらになるだけならまだいい方や。

目に入ったり服につけたりしたら大変や!

 

 

ここを見ている君が小学生・中学生なら、絶対に親にやってもらってな。

ワイもはじめて染めたときは全部親にやってもらったで。ちょい恥ずかしかったけどな。

特にヘアカラータイプの強力な白髪染めを使うときは絶対やで!

 

 

トリートメントタイプの白髪染めなら、コツをつかむまで協力してもらう方法でOKや。

トリートメントタイプは普通のトリートメント同じような感覚で使えるから安全やし簡単や。

 

 

3回もやればコツがつかめるはずやから、ちょっと恥ずかしいかもしれんけど、最初のうちは親といっしょに染めるようにしてな。くどいようやけど、ヘアカラータイプは絶対に一人でしたらいかんで!

 

 

学校で注意したいこと

 

学生さんが一番気になるのが、「学校ではどうなのか?」ってところやと思う。

 

 

「校則で禁止されているけどどうなの?」

「友達にバレるんじゃない?」

「色が落ちたりしないの?」

 

 

こんな感じやな。

ここで白髪染めをしたあとの学校生活での注意点について話しくていくで。

 

 

校則

学校では毛染めは禁止されているはずや。茶髪とかな。

ただ、おしゃれ染めと白髪染めはまったく別物やから事情を話せば問題ないはずやで。

 

 

その場合は親から先生に話してもらうのが一番や。

信頼度も上がるしな。そして、

 

 

「白髪が気になって勉強に支障が出ること」

「本人のストレスになっていること」

「友人間のトラブルを極力避けたいこと」

 

 

を誠実に伝えれば、たとえ校則で毛染めが禁止されていても許可はでるはずや。

学校もそこまで鬼やないで。

 

 

髪の色は

白髪染めの色味は担任の先生と話し合った上で決めんといかんで。

「黒」が無難やと思うけど、地毛の色によっては「焦げ茶」でも許可がおりるかもしれん。

そして一度白髪染めの色味が決まったら、その後は色味を変えんようにな。友達にバレるで。

 

 

友達にはばれない?

これは白髪染めをはじめた時期によるな。

ワイの場合は、ゴマ塩頭の状態から一気に全体を黒くしたから次の日バレたわw

みんな遠慮してあんまり聞きにこんねん。いたたまれなかったで~。

 

 

せやから早い時期から白髪染めをするのがベストやな。

特に徐々に染めていけばバレにくいやろな。

 

 

トリートメントタイプの白髪染めみたいに、回数を重ねることで染まるタイプのものを1週間くらいかけて染めていくねん。

君らが思っているほど、クラスのみんなは他人の頭のことなんか気にしとらんからまずバレんで!

 

 

あとは忘れんように継続することやな。

当時はこんなんなかったからな~。

今の子がうらやましいわ。

 

 

まあでも、これから白髪染めを継続的にするつもりなら、白髪染めしていることを宣言するのが一番いいで。

常に隠し事を持ち続けるのは精神的に辛いもんや。

 

 

「体質で白髪染めしてんねん。服についたらゴメンなww」って笑って言えたら最高やな。

 

 

今の白髪染めは服につくことはほとんどないけどな。

でもなんかの拍子に色がついたら洗ってやるんやで!

たぶん取れんけどな!

 

 

色移りは?

ヘアカラータイプの白髪染めは、一度染めてしまうと色落ちすることはまったくないのがメリットや。

この色移りを最重視するならヘアカラーがおすすめや。ワイとしては使ってほしくないけどな。

 

 

で、トリートメントタイプのヘアマニキュアは、シャンプーをするたびに徐々に色が落ちていくもんやねん。

せやからヘアカラーに比べると色持ちは弱い、って弱点があるのは事実や。

なんか一長一短あってモヤモヤするけどな。

 

 

ただ、トリートメントタイプの白髪染めでも普通の学校生活では何も心配いらんで。

服についたり友達についたりすることはないから安心してや。

 

 

この色持ちの悪さで気になるのが、プールや汗をかいたときの色移りやな。

ちょっとこれについて見ていこうか。

 

 

プール

 

トリートメントタイプの白髪染めは、塩素で取れる可能性があるで。

 

 

せやからゴムやシリコン製の水泳キャップをするのが理想や。

 

 

ただ、メッシュの水泳キャップを利用する場合でも、白髪染めをした後にしっかりすすいで、しっかりと乾かしておけば問題ないで。

 

 

あくまでも万全を期すなら、ってことや。

 

 

子供といっしょに何度もプールに行ったけど、プールの水がワイの周囲だけ黒くなることは一度もなかったわ。黒い水が頬を伝うこともないで。

 

 

メッシュの水泳キャップしか使えんでも安心しーや。

注意してもらいたいのはタオルで頭を拭くときやな。

 

 

さっき言ったとおり、トリートメントタイプの白髪染めは徐々に色が落ちるんや。

せやからタオルでゴシゴシ擦るように頭を拭いてしまうとタオルに色移りする可能性はあるで。

 

 

そんなときは頭を優しく叩くように水気を拭き取ってあげると色移りしにくいで。

使うタオルの色にも注意したいな。グレーや紺色なんかの色付きのタオルを使うと目だちにくいで。白だと数回洗わんと色が落ちんからな。母ちゃんの仕事増やさんようにな。

 

 

雨で濡れたとき

これはプールの注意点と同じやな。

汚れてもいいハンドタオルをいつも持ち歩くようにしとくとええで。

 

 

部活

 

部活で大量に汗をかいたときは注意が必要や。

汗でカラーが流れ落ちることはないけど、つい袖で汗を拭き取ることってあるやん? グイッて。

 

 

ユニフォームが白やったら色移りすることがあるで。タオルを首にかけてできれば色移りを防げるけど、なかなか難しいわな。

 

 

せやからタオルを別に用意しておいて、マメな汗拭きを心がけることが大切になるで。それでも難しい状況のときもあるわな。みんな真剣にやってるときに一人だけ汗を拭きに行くことはできんもんな。

 

 

そんときは心を鬼にして母ちゃんに泣いてもらおう。

部活に打ち込むことのほうが大切やで!

 

 

このページを見ている親御さんへ

最後に、この記事をお父さんやお母さんが見ているなら、子供は思っている以上に白髪のことを気にしていることを知っておいてほしいんや。

 

 

親からすると死ぬわけでもないし、「気にするな」っていいたいかもしれんけど、周りの子と違う、っていうのは本当に辛いことやねん。

 

 

ワイは9歳から白髪に悩まされてきたからようわかんねん。

せやから、子供が妙に鏡を見るようになったり、頭を気にするようになったら、親御さんの方から「気になるなら染めてみる?」って言ってあげてほしいんや。

 

 

はじめは照れて拒否されるかもしれんけど、実は喜んどったりするで。

ワイがそうやったしな。

 

 

はじめて白髪染めをしたときは嬉しかったで。

それこそ何度も鏡見たもんや。

そんくらい白髪ってコンプレックスやねん。

 

 

せやから、子供から何も言ってこんでも、タイミングをみて声をかけてほしいんや。

偉そうなこと言ってゴメンやで。

 

 

 若白髪におすすめ   利尻ヘアカラートリートメント

 

 

まとめ

おそらくこのページを見つけた子は、10代前か10代の学生さんやな。

スマホで見てくれてんのかな。

こんな長い文章よう読んでくれたな。おおきに。

 

 

白髪は身体的に痛かったり苦しかったりはせんけと、心が苦しいわな。

同じ苦しみを味わってきたからようわかるで。

 

 

でも悩むだけでは解決せんし、ストレスで白髪は増えるだけや。

せやから早めに白髪染めしてこんな悩みとはサヨナラしたほうが賢いで。

 

 

もちろん、今以上に増やさん努力も忘れたらいかん。

好き嫌いせんとよう食べて、目いっぱい遊んで、適度に勉強して、十分に寝るんやで。

おっちゃんとの約束や!

 

 

ちなみにな、ワイが相談を受けた「若白髪の中学生の子を持つ母です」では若白髪の息子さんを持つお母さんの苦悩がよくわかるで。君が学戦さんなら一度目を通りてほしいな。


 

この記事に関連する記事一覧

白髪染め総合ランキング
おすすめの白髪染め
通販の白髪染め
市販の白髪染め
お悩み相談
白髪のこと
白髪染めのこと
猿のつぶやき
当サイトについて